成人してからも思春期から悩み続けいているニキビが治まらない。一番ニキビが酷かったのは高校時代で、ニキビが酷い日は学校を休んでいた。また、ニキビが発生してからは常に

「周囲の人が自分のニキビを気持ち悪がっていないだろうか?」と外出すると不安になって、高校時代の休みの日は基本的には家の中で本を読んでいるかテレビゲームをして外にはほとんど出なかった。自分の気持ち次第だが、どうしても周囲の視線が気になってしまいました。少し極端な例ですが、ニキビがなければもっと外に自信を持って外出できたと思いますし、元々ニキビが発生する前の小学高学年や中学1年の頃は女子にもモテていたので、ニキビがなければ高校時代も成人してもずっと今よりは女子にモテていたと思いますので、「ニキビで人生が狂った」と言っても過言ではないと思います。今思うのは中学時代から真剣にニキビケアをすればよかったと後悔しています。「ニキビは青春の証」という両親の言葉を信じて、洗顔以外に特別なニキビケアはしておりませんでしたので、ニキビが悪化していったのだと思います。中学時代でもキチンのニキビケアの化粧水などを使うべきでしょう。専用の化粧水を使わないとしても、皮膚科などに行って真剣にニキビケアをすべきですね。ニキビを潰してしまったら、ニキビの発生が治まっても凸凹クレーターが残ったままになりますからね。ニキビケアは早い段階のケアがオススメです。ラミューテ